早崎法律事務所

契約書作成を弁護士に任せるメリット

契約書作成を弁護士に任せるメリット

契約書を作る際に気をつけたいことは、
後悔することがないようにしっかりと作るということです。

契約書は商取引以外にも、
様々な場面で作ることがあります。
内容に不備があると、
自身に不利益な取引になってしまうこともあり、
会社を経営していると基盤が揺らいでしまうことすら考えられます。

したがって、契約書を作る際には
不備がないように中身を吟味する
必要があるのですが、
民法や商法含めて専門的な知識が
必要になります。

法律に詳しくないと、
相手の意のままに契約書が作られてしまい、
不利な条項を見落としてしまうこともあります。

法律の専門家でもある弁護士に
契約書作成を依頼することによって、
様々なメリットを受けることができます。

会社や個人の利益を最大限尊重ことができる

契約書は、
法律の知識がなかったとしても、
テンプレート的なものを参考にして
作成することは可能です。

特に、当事者間に法律的な知識が薄いと、
テンプレートに頼ってしまいがちです。

しかし、ここにはデメリットがあり、
テンプレートを活用してしまうと、
中立的な契約書になってしまい、
自社や自身の利益を確保することが
できないことがあります。

契約書は、
取引をすることが多いので、
利益を確保することができるように
作成しなければなりません。

弁護士に契約書を作成してもらうことによって、
当事者間の関係性や個性なども
考えて作ってもらうことができます。

もちろん、自社や自身の利益を
最大限考慮して作成してもらえます。

担当者の負担を軽減することができる

契約書を作成するということは、
担当者にとって大きな負担となります。
法律的な知識が必要になりますし、
間違いがあってはいけませんので、
多大な時間をかけて見直しも必要です。
契約書の作成は一人で行うと、
非常に手間がかかってしまいます。

弁護士に依頼することによって、
契約書を作成する人の負担を
大きく軽減することができます。
特に小さな規模の自営業だと、
経営者自身で契約書を作成することも
珍しくありません。

そうなると、営業時間外に作成する必要があるなど、
やはり負担が大きくなります。

弁護士に依頼することで、
プライベートな時間を削られることなく、
仕事にも集中することができます。

トラブルを回避することができる

できるだけ避けるようにしたいところですが、
取引をする以上、取引先とトラブルになってしまうことは
少なくありません。

例えば、代金を約束通り支払ってくれないとか、
支払い方が当初の約束と違うといった事もよくあります。
そんなとき、有資格者でない方が作成した契約書しか
なければ、抽象的な表現になってしまうことも多く、
トラブルが起こりやすいです。

弁護士に依頼しておけば、
細部までしっかりと目を通してもらうことができるので、
抽象的な表現が少なくなります。
明確な表現で契約書を作成することは、
トラブルの防止に繋がります。

契約書に問題がないか弁護士にチェックしてもらうことができる

契約書を弁護士に作成してもらわなくても、
最終的なチェックを弁護士に行ってもらうこともできます。

仕事において、見直しや間違いが
ないか確認することは非常に大切なことです。

特に、契約書のように重要な事項が入っている
文書に関しては、見直しは必須とも言えます。

弁護士に契約書の最終的な
チェックをしてもらうことによって、
間違いがないか判断してもらうことが
できます。間違いがあったときは、
その部分を訂正してもらうことが
できるので、後々のトラブルの回避になります。

トラブルが発生した後も対処してくれる

商取引などが含まれる契約書の作成には、
トラブルが発生してしまうこともあります。
トラブルは、代金を支払ってもらうことができない、
決められた期限に物事を行って
もらうことができないなど様々あります。

トラブルが発生してしまったからと言って、
すぐに裁判になる訳ではありません。
まずは話し合いから始まることが
通常の流れですが、当事者間だと
中々話が進展しないこともあります。

このようなときは、
代理人として弁護士が入ることによって、
一気に話が進むことがあります。

相手側の立場とすれば、
弁護士が代理人になったとすれば、
本気度が伺えるので態度を変えざるを得ません。

弁護士に代理人になってもらっても、
話が進展しないこともあります。
このようなときは、最終的な手段ですが
提訴しなければなりません。

裁判になって白黒をつけることになりますが、
法律の専門家の弁護士に依頼するのが最善の手段です。
契約書の作成の段階から、弁護士に依頼しておけば、
弁護士も内容を把握していますので
スムーズに裁判を進めることができます。

弁護士とコネクションができる

個人であっても会社であっても、
様々な法律を守りながら生活をしなければなりません。
不意にトラブルに巻き込まれることもあり、
取引のトラブルも発生するかもしれません。

このようなときに、
契約書がきっかけで弁護士と知り合っていれば、
すぐに懇意な相手に相談することができます。

また、企業の場合は顧問弁護士を
依頼することもできます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)