早崎法律事務所

【相続で遺産を勝ち取るために】遺産相続の問題を弁護士に相談すべき理由・メリット

【相続で遺産を勝ち取るために】遺産相続の問題を弁護士に相談すべき理由・メリット

相続争いが起こる理由

相続争いなんて、
お金持ちだけの話だと思っていませんか?

実は、遺産を巡ってのゴタゴタした相続争いは
決して他人事ではないのです。

一戸建てを持ち、給料や退職金などを
老後のためにと貯めていた会社員の親がいる・・・

そんなどこにでもいそうな普通の家庭での
相続トラブルが多く、
平成27年度に最高裁判所で争われた相続トラブルの
32%以上が相続財産1,000万円以下、
43%以上が相続財産5,000万円以下の事案という
調査結果が出ています。

そんな誰にでも起こり得る相続トラブル、
その原因とは、どんなところにあるのでしょうか。

ありがちないくつかの原因と、
その対策についてご紹介します。

相続財産の中身が不明確

相続トラブルの最も大きな原因となりやすいのが
「相続財産の中身が不明確」ということです。

本当はもっと財産があるのではないか?
どこかに隠し財産があるのではないか?
そんなあるかもないかもわからない財産をめぐって
お互いが不信感を持ち、
相続争いに発展していくことが多いのです。

また、知らなかった財産が後から発覚して
「本来はもっともらえるはずだった」とトラブルになることもあります。

対策

被相続人が亡くなる前に、
あらかじめ資産はどのくらいあるのか、
その内容はどのようなものなのかを明確にしておくことで
相続トラブルの大半を回避することができます。

遺産目録(財産目録)という資産内容が
わかるように一覧になっている資料を作っておき、
その内容に沿って遺言書を作成しておくとよりベターです。

この遺産目録は、個人が自分で作成することも
もちろんできますが、できれば弁護士などの法律に詳しい
専門家に依頼して作成しておくほうが周囲の
理解や納得が得やすく、
相続がスムーズにいく場合が多いです。


遺産の使いこみを互いに疑う

兄弟などの相続人同士が、互いに
「親の財産を使いこんでいないか、隠していないか」
を疑うことが発端となるトラブルも非常に多いです。

特に親と同居している兄弟がいた場合は、
水道光熱費や食費だけでなく家に関する様々な出費が
ウヤムヤになりやすいのもありますし、
親の預貯金を同居兄弟が使いこんでいたのではないか?
自分が知らない間に他の兄弟が親に援助を受けていたのではないか?
など、思い込んだらいくらでも疑ってしまうようになります。

対策

親の財産と相続人の財産をそれぞれしっかりと分けておき、
同居や介護などでウヤムヤになりやすい出費がある場合は、
出費に関するルールを決めておき、
家計簿などの管理ツールにきっちり記しておいたり、
出費に関する領収書やレシートなどを
きちんと管理しておいたりすると
後々のトラブルを防ぐことができます。

考え方の違い

相続トラブルによくある原因のひとつが兄弟間、
親族間の考え方の違いがあります。

たとえば、昔は長男が家を継ぐため、
財産は長男が総取りというのも珍しくありませんでした。

しかし、時代が変わった今でも
「長男が全ての財産を継ぐべき」と考える人はいます。

それに対し「そんな考えはもう古い!他の兄弟で平等に
分けるべき」と主張する人がおり、
互いが意見を譲らずトラブルに発展してしまうのです。

対策

特に兄弟間で起こりやすいこのトラブルは、
親が生前のうちにきちんと遺言書を
作成しておくことで回避できます。

それ以外では
「親の介護を引き受ける代わりに財産を多くもらう」
「財産のうち○○は兄、××は弟がもらう」というように
兄弟同士で揉めないよう話し合いを持っておくことも大切です。

話し合いの結果については、弁護士に依頼したり、
公正証書にしたりするとトラブルを未然に防ぐことができます。


相続問題を弁護士に依頼するメリット

究極の第三者

弁護士は依頼人にとって良い結果となるよう最善を尽くしますが、
その立場は、依頼者の側に立った究極の第三者です。

いくら依頼人でも間違った内容の主張を代弁することもしませんし、
あくまで双方の間に立って正確に物事を判断するのが弁護士です。

血縁同士の話し合いだとどうしても感情が先だってしまいがちですし、
年配の親族の言葉がなにより力を持っていたりします。

弁護士という第三者を入れることで、互いの意見を
互いが納得できるようすり合わせることができますし、
親族の言うことは聞けないが弁護士の言葉になら
耳を貸してくれるという方もいるでしょう。

弁護士を入れることで相続問題が泥沼化するのを防ぎ、
スムーズな解決が期待できます。

「知らなかった」後悔を防ぐ

遺産がどの程度あるのか、どんなものがあるのかなど、
故人の財産を管理していた人でないと
わからないものがたくさんあります。

本来であればもらえるはずの財産があっても、
管理人が「財産はなかったので分けられない」と言えば
それまでになってしまいます。

弁護士がいれば、遺産の全容をきちんと把握したうえで
法的根拠に基づいた取り分を主張することができます。

相続処理が終わってから
「本当は財産があったなんて知らなかった!」
と後悔しないよう、
きちんとプロに入ってもらって明確に財産を分けてもらうべきです。

様々な手続きをやってもらえる

財産相続に際し、様々な手続きが必要になります。
もしトラブルが起きて遺留分の減殺請求や相続放棄などの
法律に則った手続きが必要な場合に
弁護士に一任することができます。

また、相続人の人数を確定させる、
財産の内容を調べるなどの場合にも、
戸籍調査や開示請求をお願いすることができます。

双方の納得できる解決ができる

弁護士を頼む最も大きなメリットは
「みんなが納得できる解決ができる」ということでしょう。

仲が良かった親族同士が相続争いで
ギスギスしてしまうなんて誰でも避けたいですよね。

弁護士は双方の話をしっかりと聞き
“ココ”という落とし所を見つけてくれます。

相続内容に納得がいく解決を得るだけでなく、
これ以降もずっと続いていく親族関係に
亀裂が入ったままにならないよう、
今後のこともしっかりと考えた解決方法を提示してくれるでしょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)