早崎法律事務所

弁護士・法律相談

法テラスをはじめとした各種相談機関のご案内【交通事故の対応】

交通事故は加害者にとっても被害者にとっても、
事故後の対応について多くの不安を抱えるものです。

何をどうすればいいのかわからない、
そんなときは各種相談機関を利用すると便利です。

ここでは、交通事故があったとき場合に、
法律や保険に関する相談に応じてくれる相談機関をご紹介します。

法テラス

法テラス(日本司法支援センター)は、
国によって設立された
法的トラブル解決のための総合案内所です。

刑事・民事を問わず、法的なトラブルを抱えた時に、
相談先や解決方法がわからなかったときに、
問題解決への「道案内」の役割を果たします。

電話やメールなどで問い合わせると、
解決に役立つ法制度や地方公共団体、
弁護士会などの相談窓口を無料で紹介してくれます。

法テラス(ホームページ)

公益財団法人日弁連交通事故相談センター

全国の弁護会に支部があり、
交通事故に関する民事上の法律相談を無料で行っています。

担当弁護士が、中立・公平な立場で
示談の斡旋をしてくれます。

ただし、裁判所のように強制力はありませんので、
当事者に出頭を強制することはできず、
当事者の合意がなければ
示談を成立させることはできません。

もし紛争がこじれて訴訟に発展した時は
弁護士を紹介してもらうこともできます。

日弁連交通事故相談センター(ホームページ)

公益財団法人交通事故紛争処理センター

主に、任意保険が付されている自動車が
起こした交通事故について、
弁護士が示談の斡旋を担当し、
公平な立場から和解をすすめていきます。

費用は無料で、比較的早期に解決ができるため、
弁護士に相談する前に交通事故処理センターに
相談することも検討されると良いでしょう。

被害者から和解斡旋の申込があると、
加害車両に付保された損害保険会社の担当者に
出頭を求め、斡旋を行います。

加害者側は、加害者本人ではなく、
保険会社の担当者が出頭し
示談交渉を行うところがポイントです。

和解が成立すると、示談書を作成します。

示談不成立となった場合は、
調停での解決を図ります。

もし、和解案の内容や審査によって
算出された損害額に不満があれば、
被害者はそれに従う必要はありません。

反対に、損害保険会社はこれを尊重します。

ただし、この和解案には法的な根拠がないため、
加害者側本人の承諾がなければ、
裁定であっても効力は及びません。

交通事故紛争処理センター(ホームページ)

そんぽADRセンター

そんぽADRセンター
(正式名称「損害保険相談紛争解決サポートセンター」)は、
損害保険に関する苦情・紛争を解決する機関です。

損害保険全般に関する事案を対象としているため、
交通事故以外にも火災保険や
傷害保険などのトラブルにも対応しています。

特に自動車事故においては、
任意保険及び自賠責保険の内容、
保険金請求手続きなどについて説明や
相談に対応しています。

また、保険会社の利用者と
保険会社との間でトラブルになったときに、
紛争解決のための手続きも行っています。

これらの相談業務、苦情解決や
紛争解決の手続きは原則として無料で利用できます。

そんぽADRセンター(ホームページ)

JA(農協)の交通事故相談所

JA共済事業を行う各都道府県の共済連に、
交通事故相談所があります。

ここで、交通事故相談員から、
損害賠償にかかわる手続き上の助言を
受けることができます。

相談員が査定を兼務している場合は、
共済契約者に対して賠償額の算定や
共済金の算定をすることもあります。

各共済連が委嘱する弁護士が、
交通事故専門顧問弁護士として、
法的な問題について対応している相談所もあります。

JA(農協)の交通事故相談について

地方自治体の交通事故相談所

都道府県や市区町村では、
住民相談の一環として、
交通事故相談も行っています。

弁護士や専門委員が法律問題から
損害額の算定まで、
幅広い相談に乗ってくれます。

番外編1:弁護士を探すコツ

弁護士に依頼するといっても、
飛び込みで依頼に来た客は警戒されます。

そのため、自力で弁護士を探したい方は、
まずは弁護士会で相談を受けるか、
自分の知人や親類の弁護士を頼ると良いでしょう。

もしくは各種相談機関を通じて
紹介を受けた弁護士に依頼することもできます。

相談に行くときの注意点

弁護士や各相談機関に相談する際は、
紛争解決を円滑なものとするために、
次の点に注意しましょう。

①相談所を選ぶ

上記に紹介した相談所の中で、
自分が一番に相談したいことと、
それに強みを持つ相談所がどれにあたるか、
よく吟味して決めましょう。

例えば、示談の斡旋を依頼するなら
交通事故紛争相談センター、
損害保険に関する相談ならそんぽADRセンターが適切です。

②事前予約をする

相談所によっては、予約制のみで
対応しているところもあるので、
電話やメールなどで事前に
訪問予約をしておくことをおすすめします。

③相談内容を整理しておく

相談にかかる時間は30分~1時間程度です。
相談内容をあらかじめノートにまとめたり、
メモしておいたりしてスムーズに相談できるようにしましょう。

④必要書類を持参する

診断書や交通事故証明書などの
交通事故に関する詳しい資料があると、
事故の状況を説明しやすくなります。

必要書類もまとめて持参しましょう。

以上です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)