早崎法律事務所

弁護士・法律相談

交通事故に関する民事裁判・民事調停について

示談による解決

交通事故発生後、被害者と加害者が
裁判所の手を借りることなく話し合いで
賠償責任の有無、金額、支払い方法について
決めることを示談と言います。

交通事故の9割以上は示談によって解決します。

そして、示談が成立した場合、示談書を作成し、
これを公正証書にすれば、裁判の判決と同じ効力があり、
相手が示談内容を守らなければ強制執行
(例えば給料の差押え)することができます。

しかし、示談が成立しなかった場合、
民事調停または民事訴訟で解決を図ることになります。

民事調停による解決

調停に発展するケースとして以下の例があります。

・双方の主張が食い違うとき
・お互いに感情的になって冷静に話し合いできないとき
・相手が弁護士など、法律に関するプロで素人では弁が立たないとき

このように、示談交渉が決裂したとき、
被害者は示談を打ち切って
裁判所に調停を申し立てることができます。

調停は、訴訟のように法廷で争うのではなく、
話し合いでの解決を目指すものです。

調停委員の助言や意見を聞きながら、
当事者間が相互に譲り合い、
実情に即した解決・合意を図ります。

費用は訴訟よりも安く抑えられ、
時間的、精神的な負担も少なくなります。

双方が合意に至った場合は、
判決と同じ効力を持つ調停調書を作成します。

相手方が調停の内容を任意で実行しなかった場合、
強制執行をすることができます。

調停申し立ての手続き方法

調停は、基本的には被告の住所地を管轄する簡易裁判所、
または両者の話し合いで決めた地方裁判所
または簡易裁判所で行われます。

当事者本人でも簡単に申し立てができます。

交通事故の調停申立書は、
簡易裁判所に所定の書式が備えられていることが多いので、
まずは裁判所に定型書式の有無を確認してみましょう。 

なお、調停に必要な費用は、希望賠償金によって異なります。

訴額が50万円の場合*******2,500円
訴額が100万円の場合******5,000円
訴額が300万円の場合******1万円
訴額が決められない場合***1万3,000円

これを印紙にして申立書に貼り付け、郵送します。
詳しくは裁判所の窓口へご相談ください。

なお、調停では、
双方が合意に至らない場合には、「不成立」となります。

その場合は、裁判所に訴訟を提起します。

訴訟手続きの流れについて詳しくご紹介します。

民事訴訟による解決

示談や調停で話がまとまらないときに提起する民事訴訟は、
裁判所の判断により決着をつけて
相手に支払いを求めるための最後の手段です。

訴訟となると、目撃者の証言、現場検証、当
事者の尋問、鑑定などの立証手続きが必要となるため、
双方に弁護士を代理人に立てて手続きを進めることになります。

原則として、被告の住所地を管轄する
裁判所に訴訟を提起します。

訴額が140万円以下の場合は簡易裁判所、
140万円を超える場合は地方裁判所です。

交通事故の損害賠償訴訟は、
比較的早期に解決されます。

訴訟の過程でも、たいていの場合は
裁判所による和解が試みられますが、
和解できなかった場合は判決が下され、
場合によっては上級裁判所に
控訴・上告されることもあります。

しかし、実際の交通事故に関する訴訟では、
そのほとんどが和解によって解決されています。

裁判費用

裁判では2種類の費用が発生します。

ひとつは「裁判費用」として、
印紙代、郵便切手代、証人の旅費や日当、
鑑定にかかる鑑定料があります。

もうひとつは「当事者費用」として、
訴状や準備書面などの作成費用、
当事者や代理人が出廷するための旅費や日当、
弁護士に依頼した場合の弁護士費用などがあります。

特に弁護士費用は当事者費用の中でも
大きな比重を占めますが、
損害賠償額の1割程度までなら、
勝訴者に弁護士費用の請求を認めています。

なお、訴額が60万円以下で
簡易裁判所に訴訟を提起する場合は、
手続きが簡単で、通常の裁判より迅速な
解決を図る少額訴訟もあります。

原則として1回の期日で
双方の言い分を聞いたり証拠を調べたりして、
直ちに判決が言い渡されます。

手続きは、裁判所の受付で各種訴状の
定型用紙が添え付けられているので
必要次項を記入して提出すればいいだけですので、
弁護士を雇わなくても一人でも手続きできます。

仮差押え・仮処分とは

裁判の長期化に伴い、審理中に加害者が
財産を隠匿する恐れがある場合などは、
相手の財産の保全するため、
仮差押や仮処分を検討しましょう。

仮差押え・仮処分も弁護士と
よく相談して手続きを行いましょう。

特に仮処分は手続きが煩雑で、
本案の訴訟を本人が提起していたとしても、
弁護士に依頼する方が無難です。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)