早崎法律事務所

債権回収を弁護士に任せるメリット【法律相談】

債権回収を弁護士に任せるメリット【法律相談】

債権回収といえば、法人や個人事業主にとって
避けられない問題です。
長年ビジネスをやってきた人なら一度は
債権回収の問題にぶち当たったことがあるでしょう。

事業者の中には債権回収を行う際、
弁護士に任せることも少なくありません。

弁護士に債権回収を弁護士に任せるメリットとは
一体何なのでしょうか?

一言で言うなら弁護士に依頼した方が、
回収率がぐんと上がるのです。

弁護士費用を差し引いても、大きなメリットが得られます。

弁護士を相手にするプレッシャー

債権回収を弁護士に依頼した場合、
弁護士から相手方に催促がいきます。

債権回収をされる側も企業担当者からの
債権回収はありますが、
弁護士から再建回収を受けることは少ないため
非常に大きなインパクトを相手に与えることができます。

企業担当者の催促では裁判を起こされたり、
財産の差し押さえをされたりするだろう
という考えは微塵も浮かびません。

しかし法律のプロである弁護士からの催促ならば、
裁判や差し押さえが
現実味をおびたプレッシャーとして
のしかかってきます。

実際に何ヶ月も支払いをしてこなかった相手方が
弁護士からの催促の手紙が届いただけで、
全額を支払ったというケースは少なくありません。

弁護士は債権回収のプロのため、
手紙一通だけで支払いを促す効果的な文面を作成してくれます。

大切なリソースを失わずに済む

債権回収をする際、自分でやろうとすれば、
知らないこと、なれないことなので、
時間も労力もとてつもなくかかってしまいます。

ビジネスを行うための時間を
大幅に割かれてしまうこともしばしば。
債権回収はいわばマイナスを取り返す行為です。

利益を上げるためというビジネスの本来の
目的とはかけ離れています。

事業者の「時間」という大切なリソースは
利益向上のために使われるべきです。

債権回収を弁護士に一任して任せれば、
債権回収に取り組むための労力や時間を
大幅に削減することができます。

債権回収のプロに任せているということは
精神的にも非常にいい影響を及ぼしてくれます。

なかなか回収できない債権について
頭を悩ませることも少なくなるでしょう。

相手方の交渉や文面作成などは
全て弁護士が行ってくれるため、
時間や精神的不安を激減することができます。

法的な手段を行いやすい

弁護士が債権回収を請け負った場合、
法的な手段にスムーズに移行できるという
メリットもあります。

債権回収で使える強力な法的手段は
訴訟や強制執行です。

話し合いでなかなか解決できない相手から
強制的に回収するためには
法的な手段をとるしかありません。

法的手段をとらなければ回収できないだろう
という難敵が相手の場合は、
最初から弁護士に任すという選択肢もあります。

事業者自らの債権回収はビクもせず、
弁護士が書いた文面ですらも全く動かない人は
わずかにいます。

なかなか動かない強敵から債権回収するには、
法的手続きを行うしかないのです。

法的手続きを行う債権回収は
かなり時間がかかってしまいますし、
膨大な知識も必要不可欠。

法律のプロである弁護士に頼むしかありません。
この人は債権回収の難易度が高いかもしれない
と思う人は最初から弁護士に依頼しておくと、
時間も節約でき回収率もアップすることができます。

法的手続きまで行って、債権回収を実行すれば
取引先との関係は悪化してしまうかもしれません。

時に罵詈雑言を浴びせられることも多いですが、
相手の対応はすべて弁護士が行ってくれます。
裁判や強制執行になったとしても
自分が表ざたに立って、相手のプレッシャーを
受けることがないのも大きなメリットです。

スピード決着できる

債権回収は時間との戦いです。
長引けば長引くほど、相手が逃亡したり
倒産してしたりする可能性は非常に高くなります。

弁護士に依頼せずに
自分たちでなんとかなるだろうと
精神をすり減らしながら、
ジリジリと時間をかけて債権回収を行う人は
少なくありません。

しかし結局のところ倒産や逃亡をされ、
1円も回収できなかったという事例も
実際にあるのです。

金額の大きい債権回収案件があるなら
まずは弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

弁護士に相談するのとしないのでは
結果に大きな違いが出てきます。

弁護士に依頼するかどうか判別がつかないことでも、
まずは弁護士に相談してみると
新しい気づきを得ることができます。

債権回収を自分でやるのと
弁護士がやるのであれば、
間違いなく弁護士の方が、
スピードが速いですし回収率も高いです。

弁護士に頼めば報酬がかかってしまいますが、
自分でやれば回収できないリスクがあり、
また、債権回収にかける「精神力」「時間」という
大切なリソースを使ってしまい
本業ができないデメリットもあります。

これらのリスク、デメリットを考えるとどうでしょうか。

弁護士の報酬の費用対効果は悪いとは言えません。

自分で債権回収をやって
回収できないのであればなおさらです。

頼むべきか頼まないほうがいいのか
よくわからない案件でも
弁護士に相談すれば適切なアドバイスを
受けることができます。

債権回収を一貫して弁護士に任せることにより、
本業に集中することができ、
業績を上げたという事例も少なくありません。

債権回収で困っているのであれば、
弁護士に相談することによって新たな道が開けます。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)