早崎法律事務所

弁護士・法律相談

債務整理 住宅ローンについて

債務整理 住宅ローンについて

「債務整理を行うと住宅ローンはどうなるんだろう?
マイホームは手放さなくてはならないのかも…」

現在マイホームに居住している人の中には、
債務整理を行うことで生活に支障が出てしまうか
心配という方も多いかもしれませんね。

ここでは債務整理を行うと住宅ローンや
マイホームにどのような影響が生じるのかについて解説します。


債務整理をすると住宅ローンも返さなくていいの?

債務整理とは、返せなくなった借金の一部
または全部を免除してもらう方法です。

住宅ローンについても債務整理を行うことが可能です。

「そんなつごうの良いことが認められるの?」
と思われる方も多いかもしれませんね。

債務整理が認められる理由としては、
債権者側(銀行や消費者金融のこと)にも
ある程度メリットがあることがあげられます。

銀行や消費者金融にとって、
もっとも避けたいことはあなたに貸したお金が
回収できなくなってしまうことです。

債務整理によって借金の一部の免除を認めることで、
それ以外の部分の借金を確実に回収できるのであれば、
債権者側としても債務整理に応じるメリットがあるということですね。

また、債務整理には「自己破産」という
すべての借金を免除してもらう方法もあります。

債権者側としては自己破産はできれば
避けたい事態ですが、
自己破産には債権者側の同意が必要ありません。

どうしても借金を返せる見込みがないという場合には
最後の手段として自己破産を選択するという方法があります。
但し、この場合はマイホームを手放さなければなりません。


マイホームに住み続けたいなら個人再生を選択しよう

注意点としては、住宅ローンにはマイホームに
「抵当権」が設定されていることです。

この「抵当権」は「住宅ローンをきちんと返せない時には、
マイホームを競売にかけてお金に変えて、
住宅ローンの返済にあててもらいますよ」
という法律上の約束です。

債務整理によって借金の一部または
全部を免除してもらうと、
債権者側はこの抵当権を実行に移す
(つまりマイホームを競売にかけてしまう)
ことが考えられます。

ですが、住宅ローンの場合には
「個人再生」という方法を選択することによって
マイホームを手放すことなく
借金の一部を免除してもらうことができます。

以下、個人再生の手続きの流れについて
解説させていただきます。


個人再生なら債務整理後もマイホームに住み続けられる?

個人再生はマイホームを手放すことなく
借金の減額を認めてもらえる方法として知られています。

ここでは具体的にどのような場合に
マイホームを手放すことなく借金の減額を
認めてもらえるのかを解説します。

住宅ローン特別条項とは

個人再生に関するルールには
「住宅ローン特別条項(住宅ローン特則)」
というものがあります。

住宅ローン特別条項というのは、
マイホームに住みながら住宅ローンを
これまでどおりに支払い、
住宅ローン以外の借金の減額を認めてもらう方法です。

住宅ローンについてはこれまでどおりに
支払っていくことが条件になりますので注意しましょう。

住宅ローン特別条項を適用してもらうためには、
住宅購入のための分割払いのローンであることや、
マイホームに抵当権が設定されていること、
マイホームに住宅ローン以外の抵当権が設定されていないこと
などの条件があります。

住宅ローン特別条項を使った個人再生については
高度な専門知識が必要になりますので、
弁護士などの法律の専門家に依頼するようにしましょう。


個人再生以外の方法を選んだらどうなる?

個人再生以外の債務整理方法
(任意整理や自己破産)を選択した場合に
住宅ローンやマイホームに
どのような影響が出るのかを知っておきましょう。

任意整理を選択した場合

任意整理は裁判所を通さずに
直接債権者側と借金減額の交渉を行う方法です。

マイホームに住み続けることを前提に考えるのであれば、
住宅ローン以外の借金の債権者とのみ
借金減額の交渉を行う方法が考えられます。

住宅ローンを組んでいる債権者(銀行など)に対して
任意整理の交渉を持ちかけた場合には、
基本的にマイホームに設定されている抵当権が実行され、
最終的にマイホームは手放すことになる可能性が高いです。

なお、任意整理は個人再生や自己破産とは違って
借金元本については減額をしてもらえず
(債権者側が同意しない)、
利息のみの免除となるケースが多いです。

借金の残高が大きい場合には利息の免除だけでも
大きなメリットとなる可能性が高いですが、
借金の元本まで減額してもらいたい場合
(さらにマイホームは手放したくない場合)には
個人再生を選択するのが良いでしょう。


自己破産を選択した場合

自己破産を選択した場合には、
すべての借金(住宅ローンを含みます)を免除してもらえる代わりに、
あなたが所有している財産は
債権者側に引き渡すことになります。
(最低限生活していくための現預金などはあなたの手元に残ります)

自己破産の場合は、マイホームについても
競売や任意売却によって換金し、
債権者側に分配することになってしまいます。

マイホームに住み続けたいという希望があるのであれば、
自己破産を選択するのは不可能です。
(一定の条件が揃えば裏技もあり得ますが。。)


まとめ

以上、債務整理と住宅ローンの関係について
簡単に解説させていただきました。

マイホームに住み続けながら
借金の減額を認めてもらうなら、
任意整理または個人再生の方法を
選択することが考えられます。

任意整理の場合は借金の元本の免除までは
認めてもらうことはできないので、
より大きな借金の減額を認めてもらうのであれば
個人再生を選択するのが良いでしょう。

個人再生は自力で手続きを行うことも可能ですが、
ほとんどの人が法律家に依頼して手続きを行っています。

住宅ローン特則に関する手続きは
高度な法律上の知識が必要になるため、
無理せず専門家に依頼してもらうようにしましょう。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)