早崎法律事務所

債務整理について【した方が良いケース】と【しない方が良いケース】

「自分は債務整理するべきなのかどうか
判断基準がよく分からない…」
という方も多いかもしれません。

債務整理は借金の負担を軽減してもらえる
大きな効果のある方法ですが、
デメリットもあります。

ここでは債務整理をしたほうが良いケースと、
しないほうが良いケースについて
解説させていただきます。


債務整理をした方が良い3つの理由

債務整理をして借金を減額してもらった方が
良い理由としては、大きく分けて以下の3つがあります。

【家族に借金がばれると困る…】

債務整理で借金の督促がとまります。

法律の専門家(弁護士や司法書士)に依頼して
債務整理の手続きを開始すると、
その時点から銀行や消費者金融からの
督促がストップします。

これは専門家から「受任通知」という通知が
債権者側に対して送られるためです。

受任通知というのは

「この人は債務整理の手続きを開始したので、
督促はストップしてください。今後の連絡は
すべて専門家を通してください」

という意味の通知のことです。

銀行や消費者金融などの金融機関は、
受任通知を受けた後は督促を
ストップしなくてはならないという
法律上のルールに従う必要があります。


【とても全額を返せそうにない…】

債務整理で借金の一部または全部を免除してもらえます。

債務整理は返せなくなった借金の一部
または全部を免除してもらえる方法です。

債務整理には任意整理、個人再生、
自己破産の3つの方法があります。

(1)任意整理のメリット

任意整理の場合は「利息の免除」という形で
借金の負担を軽減してもらうことが可能です。

任意整理は裁判所を通さずに手続きを行いますので、
もっともスムーズに借金の減額をしてもらえる
債務整理の方法といえます
(ただし、債権者が金融機関でない場合には、
交渉が難航することも考えられます)


(2)個人再生のメリット

個人再生はおおむね借金を「5分の1」まで
減らすことができる方法です。

たとえば1000万円の借金を負っている人であれば、
個人再生を行うと「800万円を減額してもらって
200万円だけを返せば良い」という形にして
もらえる可能性があります。

任意整理が利息の免除しか認められないことが
多いのに対して、個人再生は借金の元本を
大きく減額してもらうことが可能なのです。

また、個人再生は「マイホームを手放すことなく
借金元本の減額を認めてもらうことができる」
というメリットもあります。

これは次の自己破産にはないメリットです。


(3)自己破産のメリット

自己破産は債務整理の3つの方法
(任意整理、個人再生、自己破産)の中では
もっとも効果の大きい方法です。

自己破産を行うと、原則としてすべての借金を
免除してもらうことができます。
(ただし、税金や社会保険料の未払い分や
一部の損害賠償債務などは免除されません)

自己破産を行うとマイホームを手放さなくては
ならないというデメリットがありますが、
所有している財産がほとんどない…という方の場合は
自己破産を選択することに大きなメリットがあると言えるでしょう。


【もう何年も借金を返し続けている…】

過払い金請求で払いすぎたお金が返ってくるかもしれません。

過去に負った借金を何年も返し続けている
という方の場合、「過払い金」が発生している可能性が高いです。

過払い金というのは
「法律上は支払う必要がないのに支払ってしまったお金」
ということです。

「そんなことありえるの?」と思われる方もおられるかもしれません。

しかし、利息についてのルールが現在の法律に改正される前までは
「違法に高すぎる利息をとっていた業者」がたくさんありました
(有名な消費者金融やクレジットカード会社も含みます)

その時期に借りたお金については
法律上の義務がないのに支払ってしまっているお金が
発生している可能性があるのです。

過払い金は債権者側と交渉を行うことによって
返してもらうことが可能です。

中には100万円を超える金額のお金が
返ってくるケースもありますので、
過払い金請求によって借金の残高が0円になる
ということも珍しくありません。



債務整理をしない方が良い3つのケース

ここまでは債務整理のメリットについて
解説させていただきましたが、
債務整理を行うことでデメリットが生じることもあります。

ここでは債務整理をしない方が良い3つのケースを
解説させていただきます。

頑張れば完済できるケース

債務整理をすることによって、
新規のローン審査に通らなくなってしまうなどの
デメリットがあります。

現在の収入から生活費を差し引きして、
きちんと約束通り返済していけば
数ヶ月〜数年で完済できるという場合には
無理に債務整理を選択する必要はありません。


保証人には絶対に迷惑をかけたくないケース

あなたが債務整理を行うと、
その後はあなたの借金の保証人となっている
人に対して借金の督促がいくことになってしまいます。

事業者の方が金融機関からお金を借りる場合には、
家族以外の人に保証人になってもらっていることが多いでしょう。

保証人になってもらっている人には
絶対に迷惑をかけたくないという場合には
債務整理(特に破産、個人再生)を選択するのは
難しいと言えます。

また、最終的に債務整理を選択するとしても、
事前に保証人となってもらっている人に対して
「これから債務整理を行うことを選択したので、
保証人になってもらっているあなたにも
請求が行くかもしれません」
ということを伝えておく必要があります。


マイホームを手放したくない時には自己破産は選択できない

住宅ローンも借金の一種ですので、
債務整理によって減額や免除をしてもらうことは可能です。

ですが、住宅ローンを組む時には
住んでいるマイホームや土地に対して
「抵当権」が設定されているのが普通です。

抵当権の設定というのは「借金の返済ができない時には
このマイホームや土地を強制的に売却して
その売却代金から借金を返済してもらいますよ」
という法律上の約束です。

住宅ローンについて任意整理や破産をすると、
原則としてマイホームから出なくてはならなくなる
ということを理解しておきましょう。

ただし、債務整理のうち
「個人再生」という方法を選択することで
住宅ローン以外の借金については減額や免除を
認めてもらう方法もあります。

個人再生はマイホームを手放したくはないけれど、
借金の減額を認めてもらいたいという人のための
債務整理の方法です。

まとめ

今回は、債務整理をしたほうが良いケースと、
しないほうが良いケースについて解説させていただきました。

債務整理は借金の減額を認めてもらえるという
メリットの大きい方法ですが、
手続き後には新たにローンを組むことが難しくなるなどの
デメリットもあります。

自分は債務整理するべきなのかどうかわからなくて迷っている…
という方は一度専門家の事務所に相談してみるのが良いでしょう。

相談だけであれば無料で受け付けてくれている
事務所がほとんどですので、
「いま手持ちのお金が少なくて困っている…」という方でも
安心して相談することができますよ。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)