早崎法律事務所

アパート・マンション貸主さん必見 家賃・賃料を支払わない、滞納している人への対処法

アパート・マンション貸主さん必見 家賃・賃料を支払わない、滞納している人への対処法

アパートやマンションを経営する大家さんの
頭をもっとも悩ます事、
それは家賃滞納者です。

アパート・マンションを経営していれば
避けては通れない家賃滞納。

今回は家賃をなかなか払わない人の
対処法をご紹介します。

内容証明で催促の手紙を送る

1ヶ月以上家賃を払わない人には
配達証明付内容証明で催促の手紙を
送りましょう。

配達証明付内容証明文書は、
「相手に郵便を送った」
「相手に賃料支払いを督促した」
「相手が郵便を受け取った」という3つの事実を
しっかりと記録に残すための郵便です。

文書の内容は、
「〇日までに家賃を支払わなければ
賃貸借契約を解除し、
強制退去のための法的手続きを取ります」
といったものです。

配達証明付内容証明文書で
賃料支払いを催促するのは、
入居者が「そんなこと聞いてないよ」という
言い訳を回避するための「裁判対策」です。

大抵の場合は、家賃滞納者が、
「裁判になるかも」という恐怖に耐えきれず、
滞納家賃を一括で払うか、分割でもいいから
少しずつ払いますと申し出てきます。


とはいえ、配達証明付内容証明文書を送っても
全く動じず、1円も家賃を払わない人も少なくありません。

そういった場合、どうすればいいのでしょうか?
こうなるともう本当に法的手続きに出るしかありません。

具体的には、
強制退去させるための裁判を起こすのです。

強制退去するためには、
まずは裁判で強制退去を認めてもらうための
判決を勝ち取らなければなりません。

裁判をする際に気をつけなきゃならないのは、
簡単に裁判が決着するわけではないということ。

インターネットの普及によって家賃滞納者も
様々な知識を得ることができるため、
裁判を長引かせる方法や
何とかして強制退去を避ける方法を
ネットで検索して知識をつけています。

家賃滞納者が弁護士をつけてくることは、
費用がかかるせいかかなり少ないです。
しかし弁護士の無料相談や
インターネットの情報を活用し知識をつけ、
裁判を長引かせようとする人は少なくはありません。

裁判さえすればあっさりと強制退去に
持っていけるという実例は少なくなっているため、
自分で裁判を行う場合は注意が必要です。

とはいえ、大抵の場合は入居時に発行した
契約書に書いてある強制退去までの
期間の約束が破られていれば、
裁判に勝つことができます。

仮に契約書の中に
「2ヶ月以上滞納した場合は強制退去する」
といった条項があり、
家賃滞納者が3ヶ月ほど家賃を
滞納しているのであれば、
裁判で負けることはないでしょう。

但し、本人が訴訟するのは
大変な手間がかかり、
時間もかかってしまいます。


強制退去と差し押さえ

裁判に見事勝利することができれば
次は強制退去のための手続き、
つまり強制執行になります。

強制執行と裁判をする場合、
それぞれに費用はかかりますが、
間違いなく家賃滞納者を退去させることができます。

滞納した家賃を取り戻すためには、
強制退去とは別の裁判を起こす必要があります。

弁護士に頼んだ場合は強制退去と一緒に
家賃回収も一緒に行われます。

そのため、1度の裁判で強制退去と
家賃の強制的な支払い、つまり差し押さえを
することができるようになります。

強制退去も差し押さえもしたい場合は、
さらに手続きが複雑化します。

自分自身で裁判するのでは
ミスが出てしまうことも少なくありません。
法律のプロである弁護士に頼んだほうが
間違いないでしょう。

家賃保証会社を活用する

強制退去の裁判は費用が必要です。
一度家賃滞納者で痛い目に遭ったのであれば、
未然の予防が重要になってきます。

最も簡単な方法は、家賃保証会社に頼むこと。
家賃保証会社は家賃の滞納があれば、
補填をしてくれます。
つまり家賃の取りっぱぐれがないのです。

また入居する際は不動産業者以外にも
家賃保証会社からの厳しい入居審査があるため、
今後滞納するかもしれない人が入居することを
未然に防ぐことができます。


しかしデメリットもあります。
家賃保証会社に頼めば、月々または年間で
結構な金額の家賃保証料が必要になってきます。

また厳しい入居審査があるがゆえに、
せっかくの入居希望者も審査に落ちてしまうこともよくあります。
つまり、入居者がつきにくくなるのです。

家賃保証会社を使うと家賃の取立ては
家賃保証会社が行います。
家賃保証会社の取立てはかなり厳しいことで有名です。

あまりにも激しい取り立てのせいで、
インターネット上でネガティブな話題になることも
少なくありません。

ネット上のネガティブな情報を見て
家賃保証会社を使っているアパートは、
やめておこうと判断する人もいるのです。

自分のマンションが人気アパートで入居者が
引く手あまただという場合は、
家賃保証会社を使っても問題はないでしょう。

しかしなかなかに入居者がつかないアパートの場合は、
家賃保証会社を使えば全てがプラスに働くというワケでは無いのです。

【まとめ】

以上、大家さんの頭を悩ます
家賃滞納者の対処方法をご紹介しました。

配達証明付内容証明文書で支払を催促すれば、
家賃を支払ってくる滞納者は多いです。
まずはこの方法をとりましょう。
それでも払わない場合は裁判を起こし、
強制退去させるようにします。

裁判なんてしたくない大家さんは
予防のための家賃保証会社を使ってもいいかもしれません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)